頭痛について|ずきしらずの実は頭痛に関するサプリメントです

MENU
おもに頭痛には緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の3種類があります。頭が痛くなるという点では共通していますが、痛みの起こり方など痛みの症状が個々に異なる点には注意が必要で、どの頭痛が引き起こされているのか見極める際のポイントになります。
ストレスは万病の元といわれていますが、頭痛とも深い関わりがあります。頭痛の中にはストレス頭痛と称されているものがあるのです。このストレス頭痛は頭痛の種類の中でも代表的な緊張型頭痛のことを指しており、男女比では女性の有病率が高いのが特徴です。緊張型頭痛は、身体的・精神的ストレスが溜まることによって引き起こされるのがおもな原因となっています。
頭痛は自分が置かれている環境によって引き起こされていることもあります。とくに多くの人が悩まされているものを紹介しますが、その一つとして天候が挙げられます。よく雨が降るなど天気が崩れそうなとき、また実際に天候が悪化している際に頭痛が引き起こされるという人がいますが、これは気圧が変わることが引き金となっていると考えられているのです。気圧が変わることにより脳の血管が拡張し、周囲にある神経に刺激が加えられることで頭が痛くなるほか、気圧の変化により自律神経に狂いが生じ、体調の変化の一つとして頭痛が起こるともいわれています。
子供が頭が痛いと訴えている場合、多くの親御さんは風邪を引いたのではないかとまずは疑うでしょう。しかしながら、近年は必ずしも風邪とは限らない頭痛につらい思いをしている子供が多くなっているのです。
頭痛というと女性で悩まされている人が多いというイメージがある人もいるでしょうが、男性に多い頭痛も存在します。おもな頭痛の種類としては緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛を挙げることができますが、男性で悩まされている人の割合が高いのは群発頭痛です。そしてこの群発頭痛は、20〜30代という比較的若い年齢の男性に多いのが特徴です。
おもな頭痛の種類のうち、群発頭痛は男性で悩まされている人の割合が高い傾向がありますが、これ以外の緊張型頭痛や片頭痛は女性で悩まされている人の割合が高くなっています。少し頭痛の知識がある人であればこのことは既にご存知でしょうが、なぜ女性で頭痛に悩まされる人が多いのでしょうか。理由として考えられることは複数ありますが、その中の一つにストレスを挙げることができます。女性のほうが日常生活で抱えているストレスが多いといわれていますが、これによって身体的・精神的ストレスがおもな原因となる緊張型頭痛に悩まされる女性の割合が高くなっていると考えられます。
頭痛は種類によって効果的な対処法が異なります。順番に解説しますので、自分の症状に合った対処法を選択しましょう。
頭痛薬は医薬品ですので、市販薬とはいえ多少なりとも副作用が引き起こされる可能性があります。もっとも起こりやすい副作用としては、胃腸障害を挙げることができます。頭痛薬は痛みの原因物質が生成されるのを抑制してくれますが、同時に胃粘液の分泌量を少なくしてしまうのです。これにより胃粘膜のガードが弱まり、刺激を受けた際に胃が荒れやすく、胃痛や胃のむかつきといった症状として引き起こされるようになるわけです。
頭痛の対策方法はいろいろありますが、食生活でおこなえる対処法もあります。というのも、食事で摂る栄養成分と頭痛には関わりのあるものがあるからです。
頭痛の症状があり、病院にいく場合の診療科ですが、まずはじめに一般的な内科に相談するとよいでしょう。原因が風邪など比較的頭痛が深刻なものではなく、症状の程度も軽い場合には、内科で十分に対応可能です。しかしながら、深刻な原因が潜んでいたり、頭痛の症状が慢性的なものであったりする場合には、一般的な内科での対応は困難な場合があります。その場合にはその内科に別の病院を紹介してもらうか、自分で別の病院を探して相談にいく形になります。